成分一覧表 / 美耀クリーム(レシチンゲル)

配合成分名
配合目的
特 徴
   
マルチトール 保湿剤 麦芽糖より得られる。吸収性、保湿性がある。
グリセリン 保湿剤 水分保湿が強く、皮膚に潤い、柔軟性を与える。
スクワラン 保護剤 皮膚刺激が無く感触の優れた油性成分。
BG 溶剤・保湿剤 植物エキスの溶解性を良くする。角質層への保湿効果がある。皮膚刺激が無い。
ジメチコン 保護剤 ツヤのある保護膜を形成し、撥水性、潤滑性、エモリエント効果を持つ。
セラミド−3 保湿剤 皮膚の細胞間脂質を構成する成分。皮膚の水分を保持し、バリアを構成し、外界の刺激から、保持する。
水添レシチン 分散剤 大豆より得られる天然の油分(保護剤)分散剤。
カルボキシメチルキチン 保湿剤 カニやエビの甲殻から抽出される多糖体。角質層の水分を保持する。
ヒドロキシプロピルキトサン 保湿剤 カニやエビの甲殻から抽出される高分子タンパク。皮膜を作り、肌をガードする。
アロエベラエキスー1 保湿剤 アロエベラの葉から得られ、粘液質多糖類等を含み、保湿、創傷治癒、消炎効果に優れる。
ハマメリスエキス 保護剤 ハマメリスの葉、樹皮から得られ、収れん、創傷治癒、ニキビに効果がある。
ローズマリーエキス 保湿剤 シソ科植物。フラボノイド類、フェノールカルボン酸類、シネオール、ボルネオール等が含まれ、SOD作用、抗酸化作用、抗アレルギー作用がある。
スギナエキス 保湿剤 スギナの全草より得られ、抗炎症、収れん、止血作用がある。スギナの胞子茎がツクシである。
カミツレエキス 保湿剤 カミツレの花から得られ、カマズレン、アズレン、ビサボロールなどを含む。保湿、消炎、収れん、血行促進などの効果がある。
シコンエキス 保湿剤 多年生草木ムラサキの根から得られ、シコニン、アセチルシコニンを含み、創傷治癒、乳腫の抑制、抗菌作用がある。
甘草エキス 保湿剤 甘草の根及び根茎から得られグリチルリチンを含む。抗炎症、刺激緩和作用がある。
オウバクエキス 保湿剤 オウバク(黄柏)の樹皮から得られ、アルカロイド、ステロイド類を含み活性酸素除去、抗菌作用がある。
アルテアエキス 保湿剤 粘液質、デンプン、ペプチン等を含み皮膚柔軟化、刺激緩和、保湿作用がある。
アルニカエキス 保湿剤 アルニカの花、根から得られ、カロチノイド、フラボン、タンニン、サポニン等を含み、抗炎症、血行促進の働きがある。
シナノキエキス 保湿剤 シナノキ科ボダイジュの花、葉から得られ、粘液質、タンニン、フラボノイドを含み保湿、収れん、血行促進作用がある。
ボタンエキス 保湿剤 ボタンの根、皮から得られ、ペオノールを主成分とする。鎮痛、鎮静、消炎効果が有り、また光老化の予防に効果がある。
カッコンエキス 保湿剤 クズの乾燥根から得られ、イソフラボン配糖体、ダイジン等を含む。保湿、美白効果がある。
クロレラエキス 保湿剤 緑藻植物クロレラより得られ、タンパク質、βーカロチン、ビタミンB群、ミネラル、アミノ酸等を含み、皮膚細胞活性化作用がある。
セイヨウキズタエキス 保湿剤 アイビーエキスとも呼ばれ、茎、葉から得られ、サポニン、フラボノイド、有機酸等を含み、洗浄、抗炎症、痩身作用がある。
オトギリソウエキス 保湿剤 オトギリソウの花または全草から得られ、日焼け防止、収れん、消炎作用がある。
セージエキス 保湿剤 一般にサルビアと呼ばれるセージの全草から得られ、抗菌、収れん、血行促進、抗炎症作用がある。
セイヨウノコギリソウエキス 保湿剤 セイヨウノコギリの全草から得られ、アルカノイド配糖体、チネオール等を含み、消炎、抗炎症作用がある。
トウキンセンカエキス 保湿剤 トウキンセンカの花から得られ、カロチノイド、サポニン、フラボノイド等を含み、消炎、鎮痛作用がある。
ユキノシタエキス 保湿剤 ユキノシタの全草より得られる。抗菌、消炎作用がある。
海塩 保湿剤 海水より得た塩。Na、K、Mg、Ca他微量のミネラルを多数含む。刺激を緩和する。
ヒアルロン酸Na 保湿剤 発酵法によって得られる。保水性、浸透性に優れ、皮膚にハリを与え、なめらかにする。
トコフェロール 酸化防止剤 大豆油等植物油より抽出、精製した天然のビタミンE。
キサンタンガム 増粘剤  
バチルアルコール 保護剤 鮫の肝油中のスクワレンと共に存在する白色結晶粉末。保湿性に優れる。
アルギニン 中和剤 塩基性のアミノ酸。
カルボマー 増粘剤 水溶性のビニルポリマー。毒性、眼粘膜や皮膚への刺激が無い。
カプリル酸グリセリル 分散剤 食品添加物としても使用される安全性の高い分散剤。
エタノール 溶剤 植物エキスを抽出する時に使用する溶剤。